ニュース

News

ニュース

News

お知らせ

一般社団法人 災害時緊急支援プラットフォームが発足した「災害支援ボランティア制度」に参画しました

株式会社リブセンスは、2022年8月より、一般社団法人 災害時緊急支援プラットフォーム(Platform of Emergency Assistance in the Disaster :以下、PEAD)が発足した「災害支援ボランティア制度」に参画したことをお知らせいたします。

PEADは、IT業界を中心として、災害時におけるヒト・モノ・カネのラストワンマイルを民間の力(共助)により解決することを目的に、個人による常設の支援ネットワークを構築し、有事の際、緊急で災害に対する支援を行う団体です。
・PEAD公式サイト:https://www.pead.jp/

PEADへの参画を決定した理由には、リブセンスが示す「わたしたちが変わるための9つの指針」のひとつ「事業以外でも社会に貢献する」に合致し、かつ「機会があればボランティアをしたい人が、できる範囲で参加できる体制を作る、それが持続性につながる」という考えに共感したことが挙げられます。

災害時ボランティアに参加したい社員をリブセンス社内で募集し、ボランティア休暇*を活用しながら協力して参ります。
(* ボランティアに参加することを目的にした休暇のうち、最大年3日を有給休暇とする制度。2020年1月制定。当時のプレスリリースはこちらからご覧いただけます)

「災害支援ボランティア制度」についての詳細は、本日PEADより発表された下記プレスリリースをご確認ください。
IT業界を中心とした災害支援ボランティア制度発足
〜マネーフォワード・ラクスル・アソビューなど10社の社員向けからスタート〜

●本件に関する問い合わせ先
株式会社リブセンス 広報担当
live-pr@livesense.co.jp