Livesense

ディスクロージャーポリシーDISCLOSURE POLICY

1.情報開示の基本方針

当社は、投資家をはじめとする全てのステークホルダーに対して、当社の経営戦略や事業活動、財務状況に関する情報を公正かつ適時適切に開示し、その内容を的確に理解して頂けるよう努めます。また、IR活動を通して、ステークホルダーとの良好な信頼関係を築くと共に、得られた意見や評価を経営に活かすことで企業価値の向上に繋げてまいります。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関係法令および当社が株式上場している東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行います。この他、投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報や、当社への理解促進に有用と考えられる情報につきましても、公平性と適時性を鑑みながら積極的に開示を行います。

3.情報開示の方法

有価証券報告書等は金融庁が提供する「EDINET」に、適時開示規則に該当する情報は東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」に登録・公開いたします。また、上記2に記載の情報につきましては、当社ホームページへ掲載し、できる限り公平かつ広範に伝達されるよう努めます。

4.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各四半期ならびに通期の決算期日の翌日から決算発表日までの期間を沈黙期間とし、期間中は、決算に関するお問い合わせへの回答やコメントを一切差し控えることとしております。

5.将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、当期および将来の業績に関する予想、計画、見通し等は、開示時点において入手可能な情報に基づき、当社が合理的と判断したものであります。これらの将来予測には、リスクや不確定要素等が含まれており、実際の成果や業績とは異なる可能性があることをご了承ください。

経営方針